2016年10月

1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 19:57:34.40 ID:CAP_USER9
no title

練習で直接FKを決めた本田 その一撃から決勝弾のボナベントゥーラは着想を得る
 
ACミランの日本代表FW本田圭佑は30日の本拠地ペスカーラ戦で出番なしに終わったが、
練習場で見せた一撃が評価され、イタリア地元紙によりこの試合の「マン・オブ・ザ・マッチ」(MOM)の1人として異例の“選出”をされている。

イタリア地元紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」は「マン・オブ・ザ・マッチはボナベントゥーラ、ロナウジーニョと……本田のコンビ」と特集している。

後半4分、イタリア代表MFジャコモ・ボナベントゥーラが勝負を決めた。ゴール中央左のFKの場面で、
相手の壁が飛んだ下を射抜く技ありのシュートで、ゴール左隅に決勝点を決めた。この直接FKについて、記事ではこう評している。

「これが学校ならカンニング組として嫌われたかもしれないが、ピッチでは幸い違う。
隣の宿題を盗み見ることは、向上の助けによくなるものだ。ジャック・ボナべントゥーラはよく観察していた。そして記憶し、実践に移した」

ボナベントゥーラは練習場で同僚のプレーから値千金の一撃の着想を得たという。誰のプレーなのか。ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督が舞台裏を明かす。

「数日前に守備のセットプレー練習で、本田が相手チームになり、出し抜いたやり方でFKを決めた。明らかにジャックはそれ(本田のFK)を覚えていた」

「本田、あるいはロナウジーニョのやり方だった」

試合後のテレビインタビューで指揮官はこう語った。レギュラー組の守備練習において、前節ジェノア戦で今季初先発ながら背信パフォーマンスで0-3敗戦の戦犯となった本田は、
ペスカーラ選手の役を担った。本田が練習で見せた直接FKは、ボナベントゥーラが放った一撃のように壁の足下を射抜くものだったという。

本田はこの日出番を与えられなかったが、チームの勝利には寄与したという。記事では皮肉交じりに本田の働きに言及しつつ、一方で“結果が重要”と称賛している。

「見事な間接的貢献。それなのにケイスケを不要と言う人はいる。何はともあれ、本田、あるいはロナウジーニョのやり方だった。
シニョーリも壁の下を通すことに長けていた。結果が重要なのだ。ジャックのFKで勝ち点3を得た。3位はいい香りがする」

かつてミランで活躍したブラジル代表のファンタジスタ、ロナウジーニョ、そして元イタリア代表の左利きの名手ジュゼッペ・シニョーリも低空FKを得意としていたという。
試合のピッチで今季目立った貢献のない背番号10は、今季「練習場だけのサムライ」と揶揄されていた。ユニフォームの販売枚数以外でも、好調ミランの勝ち点3に黒子役として本田は貢献したと地元メディアも認めている。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161031-00010018-soccermzw-socc
引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1477911454/

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/10/30(日) 13:12:54.17 ID:CAP_USER9
no title

本拠地アーセナル戦で一時同点も、後半途中からの7分間でまさかの3失点
 
デイビッド・モイーズ監督率いるサンダーランドが29日の本拠地アーセナル戦で1-4と大敗し、10試合終了時点で勝ち点2、
得失点差マイナス13というプレミアリーグ史上最悪の成績を記録したことが明らかになった。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じている。

アーセナルのチリ代表FWアレクシス・サンチェスに先制点を奪われたサンダーランドだが、
FWジャーメイン・デフォーが後半10分にPKを決めて同点。ダグアウトから飛び出して絶叫したモイーズ監督だが、その後に悪夢が待っていた。

途中出場のアーセナルFWオリビエ・ジルーが後半26分にファーストタッチで勝ち越し点を決めると、
5分後にも追加点。そして、33分に再びサンチェスに技ありゴールを許し、わずか7分間でまさかの3失点を喫した。

モイーズ政権は10試合を終えてここまで2分8敗で勝ち点2。サンダーランドはプレミアリーグ史に不名誉な記録を刻んでしまった。

同勝ち点だった95-96シーズンのマンCは降格
 
これまでの開幕10試合時点の最悪の成績は1995-96シーズンのマンチェスター・シティ。
同じく2分8敗で得失点差がマイナス12。このシーズン18位で2部に降格している暗黒時代のシティよりも得失点差が1少なく、マイナス13となっている。

モイーズ監督は、2013年シーズンに日本代表MF香川真司が在籍時のマンチェスター・ユナイテッドを指揮し、ロングボールとクロスを多用する戦術を徹底。
相手のサポーターから「ジーニアス(天才)」と揶揄される低調な内容で結果を残せず、1年持たずに解任された。

それ以降のキャリアもぱっとせず、レアル・ソシエダも成績不振で解任されており、エバートン監督時代の名声は消え失せた。
“プレミア史上最悪”の成績で評価は下落の一途を辿るなか、モイーズ監督はチームを立て直し、名誉を挽回できるだろうか。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161030-00010009-soccermzw-socc
引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1477800774/

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/10/11(火) 20:04:59.557 ID:XMeEZ6II0
no title

ずっと野球部だったから全然わからん
教えて
引用元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1476183899/

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/10/30(日) 10:41:23.68 ID:CAP_USER9
no title

日本とは異なった評価受ける

日本代表の最終ラインを束ねてきたサウサンプトン所属のDF吉田麻也は、日本人にしては珍しい高さのあるセンターバックとのイメージがある。
しかし、プレミアリーグではすっかりスピードのあるセンターバックとして認識されているようだ。

吉田は先日英メディアが発表したプレミア最速ランキングで8位に入っていたが、新たに発表されたランキングでも相変わらず11位に名前が入っている。

これに英『Liverpool Echo』は、異常なスピードを誇るアタッカーとして知られるリヴァプールFWサディオ・マネが吉田より下だと伝えている。
マネは今回のランキングでは15位に入っており、34・75Kmと記録されている。吉田はそれをわずかに上回る34・78Kmとなっており、マネ以上のスピードを持つ男になっているようだ。

英『The Sun』も吉田をスピードのあるセンターバックと伝えており、「吉田のスピードこそ彼の出場した試合の多くがクリーンシートで終われている理由」とそのスピードを称えている。

日本のサッカーファンの間では、吉田は少々スピードに不安のあるセンターバックとのイメージがある。
カウンターなどを受けた際にはスピード不足が露呈しないかと不安に思うサポーターもいるはずだ。

しかしプレミアリーグではスピード系DFと評価されており、ちょっとしたサプライズとなっている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161029-00010011-theworld-socc
引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1477791683/

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 名無しに人種はない@実況OK\(^o^)/ 2016/09/21(水) 15:37:01.82 ID:TCp/VR6D
no title

来季のバイエルンは最強か 英紙が紹介した予想スタメンに世界最強との声広がる
http://www.theworldmagazine.jp/20160511/01world/germany/60973
引用元:http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1474439821/

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/10/30(日) 09:44:05.27 ID:CAP_USER9
no title

<ブンデスリーガ:ドルトムント0-0シャルケ>◇29日◇ドルトムント

 MF香川真司が所属するドルトムントは、ホームでDF内田篤人が所属するシャルケと0-0で引き分けた。

 ドルトムントは前半、シャルケの堅い守りの前にシュート0本。終盤は相手陣内でボールを回す展開が続いたが、ゴールは割れずスコアレスドローに終わった。

 香川は右のインサイドハーフで先発し、後半34分に退いた。リハビリ中の内田は欠場した。

 2戦連続の先発となった香川は前半途中からやや下がり気味になり、ボールをさばく役割を担った。だが、バイタルエリアやペナルティーエリアに入って行くなど、攻撃面で危険なプレーを見せることはできなかった。

チームはリーグ戦3試合連続の引き分けとなり、「勝たなきゃいけなかったが、攻撃の形が全然作れず点が入る気はしなかった。バイタルに入っていけと(監督に)言われたが、相手も3バックで固めていたので難しかった」と嘆いた。

 ドルトムントは4勝3分け2敗の勝ち点15で暫定5位。シャルケは2勝2分け5敗の勝ち点8で12位。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161030-01731256-nksports-socc
引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1477788245/

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/10/30(日) 21:58:24.37 ID:CAP_USER9
no title

[10.30 リーガ・エスパニョーラ第10節 エイバル2-1ビジャレアル]

 リーガ・エスパニョーラ第10節3日目が30日に行われ、MF乾貴士の所属する11位エイバルが無敗で4位につけるビジャレアルをホームに迎え、2-1の逆転勝利を収めた。2試合連続でスターティングメンバーに名を連ねた乾は、後半45分までピッチに立って勝利に貢献した。

 4-4-2の左サイドハーフのポジションに入った乾は精力的にピッチ上を動き、時おり持ち場を右サイドに移してボールを呼び込もうとする。前半34分にはカウンターから前線の乾にボールが渡り、得意のドリブルを仕掛けようとしたものの、MFマヌエル・トリゲロスに対応されてチャンスを創出するには至らなかった。

 さらに持ち場を左サイドに戻していた前半37分には、中央に切れ込んでPA外から右足シュートを枠内に飛ばしたが、GKセルヒオ・アセンホにキャッチされてしまう。すると同40分、PA内に進入したFW二コラ・サンソーネをDFフロリアン・ルジューニュが倒してしまい、ビジャレアルにPKを献上。これをMFブルーノ・ソリアーノに決められ、エイバルは先制を許してしまった。

 1-0とビジャレアルにリードを許したまま後半を迎えると、後半4分には相手GKのパスミスを左サイドで奪った乾が、シュート性のクロスを送るも得点には結び付かず。同13分にはカウンターから右サイドでボールを呼び込んだ乾が中央に運ぶと、乾のパスからMFペドロ・レオンがシュートを放つが、ネットを揺らすには至らなかった。

 ここまで全試合で得点を記録しているエイバルはその後、幾度となくビジャレアルゴールを脅かす場面を作り出すが、好セーブを連発するS・アセンホの壁を打ち破れない。だが後半35分、セットプレーの流れから最後はDFイバン・ラミスが胸トラップから右足シュートを突き刺し、エイバルが試合を振り出しに戻した。

 勢いに乗ったエイバルは後半42分、相手のカウンターを防いで逆にカウンターを発動させると、左サイドを突破したFWセルジ・エンリクのラストパスを受けたP・レオンが豪快に蹴り込んで逆転に成功。同45分には乾に代えてMFルベン・ペーニャが送り込まれる。その後、エイバルに追加点は生まれなかったものの、ビジャレアルの反撃をしのいで2-1の逆転勝利を収めた。エイバルが4試合ぶりの白星を獲得した一方で、ビジャレアルは今季初黒星を喫している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161030-01632763-gekisaka-socc
引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1477832304/

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 02:13:36.34 ID:CAP_USER9
no title

[10.30 AFC U-19選手権決勝 日本 0-0(PK5-3)サウジアラビア]

 19歳以下のアジアナンバー1を争うAFC U-19選手権バーレーン2016は30日に決勝を行い、U-19日本代表は0-0で突入したPK戦の末、サウジアラビアに5-3で勝利。過去準優勝6回の日本は7回目となる決勝挑戦で初めて勝利し、悲願の初優勝を果たした。

 2020年東京五輪を23歳以下で迎える97年生まれ以降の「東京五輪世代」がアジアの頂点に立った。日本は準決勝のベトナム戦から先発10名を入れ替え、U-20W杯出場を決めたタジキスタンとの準々決勝と同じ11名でスタート。4-4-2システムのGKは小島亨介(早稲田大)で4バックは右SB藤谷壮(神戸)、CB冨安健洋(福岡)、CB中山雄太(柏)、左SB舩木翔(C大阪U-18)。中盤は主将の坂井大将(大分)と市丸瑞希(G大阪)のダブルボランチで右MF堂安律(G大阪)、左MF三好康児(川崎F)。2トップはFW小川航基(磐田)とFW岩崎悠人(京都橘高)がコンビを組んだ。

 日本は2分にいきなりピンチを迎えたが、決定的なシュートをGK小島が指先で触ってポストに救われると、7分には中山のロングフィードからPAで切り返した小川が右足を振り抜く。縦に縦にボールを運んでくるサウジアラビアの攻撃を中山と冨安中心に跳ね返す日本。危険なシーンもつくられたが、ボールを失ったあとに坂井らが切り替え速く守備陣形を築く日本は、舩木がスライディングでスルーパスをカットしたほか、藤谷が狙いすましたインターセプトから一気に前線へ駆け上がるなど、飲み込まれることなく攻め返す。

 藤谷と舩木が攻撃参加からクロスを入れ、岩崎、小川のスペースへの抜け出しや堂安のドリブル、三好の左足セットプレーなどでサウアジアビアゴールを目指した。29分には岩崎が右サイドを駆け上がり、折り返しを受けた小川を経由して市丸が右足シュート。44分には三好が左足FKでゴールを狙った。

 後半も互いに攻め合うが、スコアは動かない。攻めきれずにボールを失うシーンが増えていた日本は15分、負傷した三好に代えてMF遠藤渓太(横浜FM)を投入。23分にはその遠藤がカットインから右足シュートを放つ。逆に25分にはサウジアラビアにショートカウンターを浴び、GK小島がかわされかけたもののシュートはヒットせず、体勢を立て直した小島がキャッチした。

 日本は30分、市丸に代えてMF原輝綺(市立船橋高)を投入。遠藤の左クロスを岩崎が頭で合わせるシーンもあったが、奪ったボールを敵陣に運ぶ前に奪われてカウンターを食らうなど日本は押し込まれる時間帯が続き、セットプレーやロングボールのこぼれ球からシュートを放たれた。

 試合は0-0のまま90分間を終了し、前後半計30分間の延長戦へ突入。日本は藤谷に代えてSB初瀬亮(G大阪)をピッチへ送り出す。アジアの頂点を懸けた総力戦。日本は相手の直接FKを小島が好反応で阻止したものの、遠藤の決定的なクロスなどを得点に結びつけることができず、勝敗はPK戦に委ねられた。

 PK戦で先攻の日本は1人目の坂井から堂安、遠藤、中山が成功。そしてサウジアラビア4人目のシュートが枠を外して優位に立った日本は決めれば優勝の決まる5人目・小川が右足で右隅に決めて頂点に立った。初めてアジアの頂点に立った日本。来年、5大会ぶりに出場するU-20W杯(韓国)で輝くために、今大会選ばれていない同世代の選手たちも含めて競争してチームをさらに強くする。
 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161031-01632771-gekisaka-socc
引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1477847616/

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2016/10/30(日) 23:28:33.44 ID:CAP_USER9
no title

[10.30 ブンデスリーガ2部第11節 カ-ルスルーエ1-3シュツットガルト]

 ブンデスリーガ2部は30日、第11節を行い、FW浅野拓磨とMF細貝萌の所属するシュツットガルトは敵地でMF山田大記の所属するカールスルーエと対戦し、3-1で勝利した。3トップの左で先発した浅野は前半10分にドイツ移籍後初ゴール。後半32分までプレーし、2連勝に貢献した。負傷離脱中の細貝は欠場。山田はトップ下でフル出場している。

 待ちに待った“ジャガーポーズ”が飛び出した。シュツットガルトは前半10分、右後方の位置でFKを獲得。短くつないでMFベルカイ・オズジャンが縦にドリブルで持ち上がり、ファーサイドへクロスを送ると、MFカルロス・マネがダイレクトで折り返し、中央の浅野が左足を振り抜いた。グラウンダーのボレーシュートがゴール右隅に突き刺さり、先制点。ドイツ移籍後7試合目で生まれた待望の初ゴールにジャガーポーズで喜びを表現した。

 1点を追うカールスルーエは前半18分、右CKのこぼれ球を山田が左足ボレーで狙うが、ゴール上へ。シュツットガルトの1点リードで前半を折り返すと、シュツットガルトは後半開始から投入したFWシモン・テロッデが開始早々の1分、DFエミリアーノ・インスーアの左クロスに頭で合わせ、追加点を奪った。

 カールスルーエも後半6分、インスーアのハンドでPKを獲得。キッカーを務めたMFモリッツ・シュトッペルカンプが落ち着いてゴール左に蹴り込み、1点を返したが、シュツットガルトのペースは変わらず、後半41分にMFアレクサンドル・マキシムがダメ押しの3点目を決め、3-1で快勝した。

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1477837713/

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/10/30(日) 09:03:04.07 ID:CAP_USER9
no title

日本代表の東京DF森重真人(29)が、
鳥栖から正式オファーを受けていることが29日、分かった。

複数の関係者によると、
国内では数少ない代表の先発センターバックに、高額な移籍金を用意。

昨季までの東京を率いた鳥栖のフィッカデンティ監督から
「センターバックとは思えない高い技術を持つ選手」と絶賛され、補強のターゲットになった。

今季直前には中国クラブからオファーを受け、
現在も同国の北京国安や広州富力が調査を続けている。試合の視察に訪れるなど、国内外で注目されている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161030-01731185-nksports-socc
引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1477785784/

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加