2016年12月

1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/12/31(土) 09:56:29.41 ID:CAP_USER9
no title

「“野洲らしさ”は貫くことができた」

 野洲高校の長瀬監督は、振り絞るようにそう口にした。その言葉通り、野洲は”セクシー・フットボール”と評される魅力的なサッカーをピッチで体現するも、ワンチャンスに泣き、初日で涙を呑むこととなった。

 野洲(滋賀)は30日、第95回全国高校サッカー選手権大会の開幕戦で関東一(東京B)と対戦し、0-1で惜敗。名門の強豪校が初出場の関東一に敗れる波乱の幕開けとなった。

「開幕戦という特別な環境のなかで、いかに普段通りに入るかを意識した。立ち上がりから自分たちのペースで相手を崩すことも何度もできていた。しかし、最後のところで相手のプライドが上回った」

 野洲は試合開始から、ヒールやループを駆使したパスで関東一の守備網もテンポよく打開し、幾度となく決定機を演出。しかし、最後の場面で精度に欠く展開が続いた。

 すると後半21分、前屈みになった野洲の裏を突き関東一が速攻カウンターでボックス内に侵入。関東一FW重田快が仕掛けたところを守備陣が足を掛けてしまいPK判定。これを関東一MF冨山大輔が冷静に流し込み、劣勢のなかでワンチャンスをものにした。

「あの失点のシーンは、一瞬の気の緩みが招いたもの。自分たちがボールを持つ時間が長ければ長いほど、守備にはどうしても甘さが出てしまう。攻勢だったからこそ、ほんの一瞬、集中が切れてしまった」

 長瀬監督は、攻め続けていたからこそ、攻守の切り替えに後手を踏んだと振り返った。

 野洲は昨年も前評判が高かったものの、聖和学園に1-7とまさかの大敗を喫して初戦敗退。悔しさを胸に迎えた今年の選手権だったが、同じ場所で終焉を迎えた。

 しかし、決して足踏みをしていたわけではない。主将のDF川瀬相が「守備の速さをチームで徹底して鍛えてきた」と語るように、ボールを奪わられた後の素早いプレッシングは昨年とは見違えるものがあった。 

 もっとも野洲の最大の武器は、”セクシー・フットボール”と謳われるリズミカルなポゼッションサッカー。弛まぬ努力により守備で確かな改善の跡が見られた一方、攻撃に重点を置くが故に、攻守のバランスの傾きを90分間保つのは至難の業だった。

 野洲が2年連続の初戦敗退を強いられたのは避けようもない事実。しかし、今日の野洲は少なくとも昨年の野洲よりも一歩先を進んだ敗者であったことも、また事実である。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161230-00010017-soccermzw-socc
引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1483145789/

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/12/31(土) 05:53:07.30 ID:6owPhNBDK
no title

サッカーの試合中に足を骨折した男性が、接触した相手チームの男性に約690万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が東京地裁であった。
池田幸司裁判官は「故意ではないが、過失の程度は軽くない」として、接触相手に慰謝料や治療費など約250万円の支払いを命じる判決を言い渡した。

判決によると、2人は2012年6月に都社会人4部リーグの試合で、原告がボールを蹴ろうとした際に接触。
原告は左足を骨折し、計29日間入院した。

判決は、審判が反則と判定しなかったことなどから「故意とは認められない」とする一方、「原告がボールを蹴るため足を振り上げることは予見できた。
強引にボールに挑む必要があったのか疑問」と指摘。
「社会的相当性を超える行為で違法性がある」とした。 
引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1483131187/

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/12/30(金) 19:36:50.62 ID:CAP_USER9
no title

アルゼンチンのレジェンドであるディエゴ・マラドーナ氏は、バルセロナFWネイマールが世界の頂点に近づきつつあるとの見解を示している。

2016年はレアル・マドリーFWクリスティアーノ・ロナウドが通算4度目となるバロンドールを受賞して幕を閉じた。2位に選ばれたバルセロナFWリオネル・メッシとの得票数の差は決して少なかった。

だがマラドーナ氏は「メッシとクリスティアーノの違いは少ししかない」と語っている。「どちらが(バロンドールのような)個人賞を受賞してもおかしくない」。そう意見を述べ、次のように続けている。

「そこにもうすぐネイマールが現れるだろう。あの2人に一番近いのは彼だ。彼は今メッシとC・ロナウドとの差を埋めている」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161230-00010001-goal-socc
引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1483094210/

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/12/31(土) 03:26:00.35 ID:YhP3cbJR0
女の子「ゴディン」
no title

引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1483122360/

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加


no title


マンチェスター・ユナイテッドでプレーするFWズラタン・イブラヒモビッチが最高の選手と感じているのはブラジルのスター2人だという。『ESPN』が報じた。

イタリア、フランス、そしてイングランドでも成功を収めようとするイブラヒモビッチ。そんな最高のスター選手の一人であるイブラヒモビッチでさえ、元ブラジル代表FWロナウドには特別な敬意を払っているようだ。

「ロナウドは怪物で、最高の選手だったと思う。僕にとって彼はまさにフットボールの一例だった。彼がやること全て人々を興奮させた。ドリブルやそのスピードとかね。ロナウドは生まれついての才能を持っているね。練習で身についたものじゃない。作られた選手ではなく、生まれついて彼は特別な選手だったんだ」

また、2000年代初頭にロナウドとともにフットボール界に彩りを加えたトリックスター、ロナウジーニョについても言及している。

「僕らはミランで一緒にプレーした。以前のようにベストではなかったが、僕は彼のドリブルや髪を揺らしながら仕掛けていく姿が大好きだった。周りを子供のようにさせていたね」

一方で、2016年のバロンドールに輝いたクリスティアーノ・ロナウドについては「一緒にプレーしたことはないけど」と前置きしながら「彼はハードトレーニングによって違いを作り出した選手だ。生まれついての才能ではない」とロナウドやロナウジーニョとは異なるとしている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161230-00000007-goal-socc

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/12/30(金) 18:21:12.83 ID:CAP_USER9
【スコア】
関東第一(東京B) 1-0 野洲(滋賀)

【得点者】
1-0 61分 冨山大輔(PK)(関東第一)

日本サッカー協会 
http://www.jfa.jp/match/alljapan_highschool_2016/match_page/m1.html

試合は序盤から風上に立つ野洲が押し気味に進める。22分、左サイドでスルーパスを受けた高取誠隆がエリア左からマイナスの折り返し。
走り込んだ江口稜馬がダイレクトシュートを狙ったが、ここはミートしきれずにGK内野将大がキャッチした。

一方、関東第一はセットプレーから相手ゴールに迫る。
28分、エリア手前でFKのチャンスを得ると、冨山大輔が壁横を低いシュートで狙った。しかし、ここはゴール左に外れてしまった。

野洲は29分にビッグチャンスを迎える。エリア手前右でボールを持った江口が高取とのワンツーから強烈なミドルシュートを狙ったが、
ここはクロスバーを直撃。先制点とはならなかった。

関東第一は前半のうちに早くも交代カードを切る。36分、林健太を下げて堤優太を投入した。しかし、その後も野洲のペースは変わらない。
37分、エリア手前で今度は高取がボールを持つと、江口とのワンツーからフリーとなり右足シュート。
しかし、ここもわずかにゴール左に外れてしまい、得点には至らなかった。このままスコアレスでハーフタイムを迎える。

後半立ち上がりも野洲のペースが続く中、関東第一にアクシデントが起きる。54分、GK内野が負傷によりプレー続行不可能となり、1年生の北村海チディが代わって入った。

すると61分に関東第一が得点機を迎える。途中出場の重田快がエリア内左で鷹取新に倒されてPKを獲得。これをキッカーの冨山がしっかりと沈め、関東第一が先制に成功する。

攻め込みながらも先制点を許した野洲は、65分に中野知良を下げて陸田直毅を投入。75分には徳田竣希を下げ、アサノ竜也を投入し、さらに攻撃の手を強める。
しかし、野洲は最後まで追いつくことができず、関東第一が1-0で開幕戦を制した。

勝ち上がった関東第一は、1月2日に2回戦で正智深谷(埼玉)vs立正大淞南(島根)の勝者と対戦する。

サッカーキング
https://www.soccer-king.jp/news/japan/highschool/20161230/533459.html?cx_top=topix

動画
http://vod.ntv.co.jp/f/view/?contentsId=12998

写真
no title

no title

no title


日本テレビ
http://www.ntv.co.jp/soc/index.html

ゲキサカ
http://web.gekisaka.jp/pickup/detail/?203703-203703-fl
引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1483089672/

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/12/29(木) 17:48:35.05 ID:CAP_USER9
no title

久保建英と中井卓大――二人は同じ時期に“天才少年”と騒がれ、すぐに一方はバルセロナ、一方はレアル・マドリーと、サッカー界に君臨するスペインのメガクラブへと渡った。

彼らのその後の情報に関してはQolyで逐一お届けしてきたが、2歳違う年齢や久保が日本へ帰国(現FC東京所属)したこともあり、公の場での接点はなかった。

しかし今回、サッカーでないが二人の対面が実現していたようだ。

https://twitter.com/koba2014/status/814242129501253632

こちらはプロスポーツトレーナーの木場克己氏が主催する「KOBA式体幹★バランス?コバトレ」に参加した時のもの。

二人は以前から同氏の指導を受けていたが、今回、中井がスペインから帰国したタイミングで“共演”が実現したようだ。

写真には一緒に食事をとる様子や背中合わせに立つ姿も。久保は2001年生まれの15歳、中井は2003年生まれの13歳で、成長期の2年は大きく違うが、中井は167cmの久保にかなり迫っているようだ。木場氏も「PiPiは夏以来、3センチは確実に伸びていました」と、中井の成長を喜んでいる。

おそらく日本のサッカーファンの誰もが待ち焦がれている二人のピッチでの“競演”。近い将来、ユース代表で実現するだろうか。

http://qoly.jp/2016/12/29/takefusa-kubo-and-takuhiro-nakai-hys-1
引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1483001315/

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/12/30(金) 13:17:55.17 ID:CAP_USER9
no title

アルビレックス新潟は30日、名古屋グランパスのFW矢野貴章(32)が完全移籍で加入することが決定したと発表。矢野は2006年から10年途中、そして12年にも新潟に在籍しており、5年ぶりの復帰となった。なお、FW登録ながら右サイドバックを務めることも多かった矢野だが、新潟の発表では登録ポジションが「DF」となっている。

 新潟のクラブ公式サイトを通じて矢野は「また大好きなアルビレックス新潟の一員としてプレーする機会を与えていただき、本当に感謝しています。新潟との縁を感じずにはいられません。 勝利のために泥臭くあきらめないプレーをし、皆さんと一緒に闘います。応援よろしくお願いします」とコメント。

 また、名古屋のクラブ公式サイトでも「今季をもって名古屋を去ることになりましたが、クラブには感謝の気持ちしかありません。本当にありがとうございました」と語っている。

以下、クラブ発表プロフィール

●DF矢野貴章
(やの・きしょう)
■生年月日
1984年4月5日(32歳)
■身長/体重
187cm/77kg
■出身地
静岡県
■経歴
浜名高-柏→新潟→フライブルク(ドイツ)-新潟-名古屋
■出場歴
J1リーグ:335試合44得点
カップ戦:47試合4得点
天皇杯:20試合6得点

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161230-01635176-gekisaka-socc
引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1483071475/

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加